阿倍野区 住吉区 東住吉区の整体 カイロプラクティック 腰痛 ギックリ腰 肩こり 五十肩 頭痛 首の痛み 腕のしびれ 坐骨神経痛 膝の痛み 生理痛 O脚 猫背
西田辺 昭和町 長居 鶴ケ丘 南田辺 駒川 北畠 姫松 帝塚山からもアクセス良好

らくらく整体 にしかわカイロプラクティック
腰・背中・骨盤 椎間板ヘルニア

こんな症状はありませんか?
病院で椎間板ヘルニアと診断された
ギックリ腰をしたことがある
腰を反らすと痛い、怖い
慢性的に腰が痛い
お尻や脚にダルさやシビレがでる
腰が痛くならないか不安
腰痛持ちである


腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛の原因ではありません
昔は椎間板ヘルニアになると、”一生腰が痛い””治らない””手術するかない”、などという人がいましたが、現在、世界の医学では完全に否定されています。まずはご安心ください。

そのうえで、椎間板ヘルニアについてご説明いたします。
椎間板とは、背骨と背骨の間にあるクッションです。
クッションの中には髄核(ずいかく)というゼリー状のものが入っています。
何かの拍子に、クッションの外側が破れ、中のゼリーが飛び出した状態を、椎間板ヘルニア、と言います。
ヘルニア、とは「脱出」や「突出」という意味です。

日本の整形外科の教科書や、昔の知識しかない方は、この飛び出した中身(髄核)が、周りの神経を圧迫したり、刺激することにより、腰が痛くなったり、足がしびれたりする、と言います。

しかし、この説明には矛盾があります。

矛盾1
飛び出したヘルニアが神経を圧迫しているのなら、常に神経を圧迫しているのですから、常に痛みやシビレがあるはずです。
ところが、多くの患者さんは「動き始めに痛い」とか「疲れが溜まると痛くなる」と言われます。

矛盾2
1995年、国際腰痛学会で衝撃の事実が報告されました。
腰痛を訴えて椎間板ヘルニアと診断された人と、腰痛の経験がない健康な人を調べたところ、健康な人の76%に椎間板ヘルニアがあり、85%に椎間板変性が発見されました。椎間板変性とは、加齢などにより椎間板が老化して、椎間板の水分が減少したことによりクッション性(弾力性)が失われた状態のこと指します。
つまり、腰痛のない人でも、ほとんどの人が年齢を重ねると、椎間板になんらかの変性がある。腰痛のない健康な人がわざわざX線(レントゲン)やMRIで検査をしないので、普通見つかりません。
繰り返しますが、椎間板ヘルニアや椎間板変性は老化現象であり、腰痛の原因ではありません。例えば、白髪は頭痛の原因になるでしょうか?なりませんね。これは老化現象であり、誰でも当たり前に起きることで、痛みとは関係ありません。

矛盾3
病院で椎間板ヘルニアと診断されても、手術をしないことの方が多い。シップや鎮痛剤を処方されるだけ。それでも症状は軽快へ向かう。
本当に飛び出したものが神経を圧迫しているのなら、それを取り除かないことには、痛みが続くはずです。しかし、実際はそうではありません。
通院している内に、手術よりも運動やけん引、電気治療やマッサージを受けることなる。それを受けるとヘルニア(椎間板から飛び出した髄核)がなくなるのでしょうか?答えはノーです。始めからヘルニアと腰痛に因果関係はありません。


では、腰痛の原因は?
実は腰痛の原因はこれがただひとつ、という訳ではありません。
大きく分けて3つあります。3つの要因が重なりあって、カラダが我慢の限界を超えた時に痛みが出ます。


ただし、ごく稀(5%未満)に腰痛であっても病院へ行く必要があります。例えば、転移性脊椎腫瘍、脊髄・馬尾腫瘍、化膿性脊椎炎、椎体骨折、解離性大動脈瘤、強直性脊椎炎、閉塞性動脈硬化症、馬尾(ばび)症候群などで腰に痛みがある場合です。
特に、馬尾症候群では尿が出ない、便失禁がある、サドル麻痺(自転車に乗った時、サドル部分に体触れる部位の麻痺)などが起こり得ます。思い当たることがあれば、即病院へ行ってください。


原因1.腰の筋肉疲労
筋肉はある程度疲労を溜めることが事が出来ます。限界が近づいてくると、腰が重くなったり動きが悪くなったりします。そして、限界を超えると痛みが現れます。

原因2.ストレス
仕事や家庭、その他、現代はストレスを受ける機会が多くなっています。ストレスを受けると、カラダは緊張状態(交感神経が働く)になります。一時でしたら問題はありませんが、それが長い期間続くと、カラダは緊張しっぱなしになります。緊張したカラダしなやかさが失われ、血流も悪くなります。
血流が悪いと、疲労は出ていかない、栄養は入ってこない、酸素は足りない、という状態になります。

原因3.生活習慣
長時間同じ姿勢や、猫背の姿勢が続くとカラダは疲労します。カラダは動くことで血液循環が起こりますが、それができません。姿勢が悪いと、必要以上にカラダに負荷がかかり疲れます。


にしかわカイロはどうするのか
よく話を聞き、しっかりしたカウンセリングで痛みの原因を調べます。

痛みを出しているのは、腰の固まった筋肉ですので、ここをしっかり緩めます。筋肉を緩めることで、
疲労が抜けて、しなやかさ・柔軟性が回復します。緩める方法はトリガーポイントセラピーで、行います。背骨をボキボキしたり、ただ揉むだけのマッサージではありません。

腰に負担を掛けているのが、骨盤の歪みだったり、太もものアンバランス、背中の湾曲だったりします。そこは患者さんのカラダに合わせて施術します。

筋肉が緩むと、血管が拡張するので血流が改善します。人によってはカラダがポカポカします。

血流が良くなると、疲労物質や鎮痛物質が流れ出ていき、栄養や酸素が届けられるようになります。

カラダが楽に、軽くなり気持ちも軽くなります。これにより
ストレスも軽減します。
腰に負担のかからない姿勢やカラダの使い方、体操やストレッチなどを一緒に行い、家でもしていただきます。これは
生活習慣の改善です。

つまり、筋肉の疲労を回復、ストレスの解消、生活習慣の改善、全てにアプローチするのがにしかわカイロのやり方で、他の治療院とは異なる特徴です。

椎間板ヘルニアで悩んでいるのはもったいない。
にしかわカイロで改善していきましょう。


たくさんの方が元気になっています
腰痛が軽くなりました
30代 男性
N.S様 
N.S様
姿勢を改善する指導をして頂いた後、
腰痛が軽くなりました。


当院より
N.Sさん、コメントありがとうございます。

姿勢の悪さから、腰や肩、首まで痛くなることも少なくありません。
姿勢は一生モノです。良い姿勢は、見た目も美しく、身体への負担も少ないので、
これからもしっかりキープしていきましょう。


長年猫背による腰痛に悩まされておりました
40代 女性
Y様
 
Y様
先生の何より「やらないよりはやった方がマシ」という言葉に力強いものを感じました。
長年猫背による腰痛に悩まされておりましたが続けてみようと思いました。

当院より
Yさん、コメントありがとうございます。

初めの内は、間隔を空けずに施術することをお勧めしておりますが、
空いてしまうこともありますよね。でも、そこ放置せずに身体を改善していくことが大切です。ゆっくりとですが、身体は変化するものです、しっかりやっていきましょう。



その症状、カイロプラクティックで改善しませんか?
  施術の流れへ

 ご予約はこちらから
上へ

今すぐお電話
TEL 06−6623−5577

西田辺駅から徒歩3分
〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5-5-13 東五ビル1階
    Copyright (C) らくらく整体 にしかわカイロプラクティック All Rights Reserved..